株式会社BUDDY

建築業の方

現場にて発生する火災や水濡れ、事故による事業休止、第三者への損害賠償、従業員のケガ、社有車での事故など一度起こっただけで大きな損失を生む場合があります。

建築現場によってリスクの内容が変わってくる事もある為、自社に合った保険を的確に選ぶ事が必要です。

事故例

  • 解体工事中に工事対象以外の他物を壊してしまった。
  • 工事中に従業員がケガをしてしまった。
  • 建築途中に豪雨になり現場が水浸しになった。
  • 配電作業中にショートして火災になった。
  • 資材を現場に運ぶ途中に交通事故にあい受託資材を破損させた。

様々なリスクが及んだ場合に以下の様な保険があります。

火災保険 お客様の所有・使用・管理する店舗や事務所等の建物、製品・商品や什器備品を保険の対象とします。火災、落雷、破裂・爆発、風災・雪災・盗難等が原因で損害を被った場合、その損失に対して保険金をお支払いします。
傷害保険 従業員が就業中や通退勤途上の事故によりおケガを被ったり死亡した場合、治療費や休業補償・死亡保険金等をお支払いします。役員・従業員・パート・アルバイトを人数に関わらず、無記名で補償の対象にすることができます。
賠償責任保険 塗装作業中、突風により塗料が飛散し、駐車中の車両に付着させてしまったり、資材運搬中に床をキズつけたときなどの復旧費用をお支払いします。また、現場を引渡した後、給排水管から漏水が発生して階下を汚損させたときの復旧費用や施主様より損害賠償請求をされた時の訴訟費用等をお支払いします。不当解雇・パワハラ・セクハラなどの損害賠償や労務相談が行える特約もあります。
  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。 取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。 ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

相談

HP承認番号:18G08983