株式会社BUDDY

運送業の方

運送業では輸送中のみならず、保管中や加工中、設置作業中等の事故だけでなく、事故に伴う片付けや廃棄の費用等が掛かる場合があります。

いかなる緊急事態が発生した場合でも、運送サービスを止めない、止まってしまったとしてもできるだけ短時間で復旧させる、そのための準備が運送事業者として求められます。

車両事故は、車両本体以外にもカーナビやETC等の費用を補償する保険もあります。

事故例

  • 運送途中に交通事故にあい商品に損害が発生してしまった。
  • 生動物運搬中の交通事故により生動物を死亡させてしまった。
  • 温度管理に使用している装置故障により
  • 青果物・生鮮食品・冷凍食品を傷めて商品価値が無くなってしまった。
  • 受託貨物が保管中に盗難にあった。
  • 商品受け渡し時の大雨により受託した商品が濡れてしまった。

様々なリスクが及んだ場合に以下の様な保険があります。

自動車保険 自社所有の自動車で事故を起こしてしまった場合、相手に対する法律上の賠償責任や事故で破損した自動車の修理代等を保険で賄う事ができます。
万が一裁判に発展した場合の弁護士費用も特約でカバーする事ができます。
火災保険 お客様が所有する事務所・製品・商品を対象に、火災、落雷、破裂・爆発、風災・雪災、盗難等が原因で損害を被った場合、その損失に対して保険金をお支払いします。
傷害保険 従業員が就業中や通退勤途上の事故によりおケガを被ったり死亡した場合、治療費や休業補償・死亡保険金等をお支払いします。
役員・従業員・パート・アルバイトを人数に関わらず、無記名で補償の対象にすることができます。
運送業者
貨物賠償責任保険
運送受託した対象貨物について、運送過程において生じた事故により、法律上もしくは運送契約等の契約に基づいて、荷主や元受運送人に対して貨物の損害賠償責任を負うことにより被る損害に対して保険金をお支払いします。また、次の費用損害についても保険金をお支払いします。
・損害防止費用
・請求権の保全、行使手続費用
・争訟費用
・協力費用
  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。 取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。 ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

相談

HP承認番号:18G08983